ゼナドリンなら絶対に痩せられる|もう騙されない

レディー

妊娠中の悩み

2人の妊婦

ホルモンの影響

妊娠中のマイナートラブルとして便秘があります。ホルモンの影響によって腸内の運動が鈍くなってしまい弛緩性便秘を引き起こしてしまう可能性があります。妊娠することで分泌されるホルモンには筋肉を緩める作用があります。従って消化器系に関わる筋肉の運動量が低下することによって自力で便を排出される力が鈍くなってしまうのです。妊娠中には市販の便秘薬は服用できません。妊婦OKの便秘薬を飲まなくてはいけませんから、掛かりつけの産婦人科で相談してみましょう。また、妊婦になったら食の好みが変わったという方もいます。この食の変化によっても便秘を齎してしまう原因になります。しばらく便が出ないようならば身体のためにも適切な処置を取りましょう。

中期に多い症状

妊娠中期になりますと、腹部も大きくなってきます。子宮が大きくなるにつれて腸を圧迫してしまい便秘になるという悪循環に陥ってくるのです。妊婦には制限がありますから、市販の薬は許可なしに摂取しないでください。胎児に悪影響を及ぼしてしまう恐れもありますから、便秘薬は勝手飲まないようにしましょう。医師の診断の元で適切な薬を処方してもらうのが一番です。妊婦が自分で出来る便秘解消法としては、生活のリズムを整えることです。トイレに行き便を出す時間も決めてしまった方が身体のリズムも付きやすくなります。また、腸内の働きを良くするためにも身体を温めたり、食事に気を使ったりと出来ることはたくさんあります。便秘にならないためにも生活をコントロールしましょう。